敏感肌石鹸の選び方の基本は、たった3つ!

"敏感肌OK"の表記がある石鹸を選ぶ

敏感肌の洗顔石鹸は、「敏感肌でも使えます」と表記がある石鹸を選ぶのが基本です。表記がある石鹸は、敏感肌でも使えるような低刺激の成分構成につくられているからです。よくわからない場合は、問い合わせてみるのも一つの手です。


敏感肌以外の肌体質で、自分に合う石鹸を選ぶ

敏感肌といっても、症状にはいろいろあります。敏感肌の上に、皮脂性、乾燥肌、ニキビ肌、アトピーなど敏感肌には、併せ持って肌の症状があるケースがほとんどです。自分の症状がどんなタイプか認識した上で、自分に合う石鹸を選びましょう。


無添加石鹸は低刺激でも、植物エキスとの相性には注意する

界面活性剤を含んでいる刺激性の強い市販の石鹸より、低刺激の無添加石鹸のほうが、敏感肌の方には安心です。しかし、ごくまれに、緑茶などの植物エキスと肌が合わない人もいます。無添加でも、使い始めの2週間は、お肌の様子を観察し、問題ないか注意しましょう。




「絶対に選んではいけない石鹸」のポイントは3つ

石油系添加物を含む洗顔石鹸は選ばない!!

パラベン、鉱物油、界面活性剤など石油系添加物を含む洗顔石鹸は、肌への刺激性が強いので、敏感肌の人はさけるべき石鹸です。石油系添加物の石鹸は安いことがメリットですが、敏感肌の人が肌トラブルを起こすと、余計にコストが高くつきます。


ドラッグストアや大手メーカーの安価品は選ばない!!

敏感肌の方なら、ドラッグストアや大手メーカーなどで売られている2000円以下の安価品は選ばないほうが無難です。"自然派"と明記されていても、廉価品の価格帯では、素材の価格上、化学薬品が必ず含まれているので注意が必要です。


アルコール・香料・メントール・ペパーミントや柑橘系オイルにも注意!!

アルコール・香料・メントール・ペパーミントや柑橘系オイルなど(イメージ的にスースーする成分)にも注意しましょう。配合成分をみれば、記載されているはずです。敏感肌の程度にもよりますが、ひどい人なら接触皮膚炎を引き起こす可能性もあります。




「敏感肌+α肌」で選ぶ洗顔石鹸

敏感肌にもいろんなタイプがある!


一口に敏感肌といってもさまざまなタイプがあります。 まず、乾燥肌型の敏感肌。 敏感肌の中で最も多いのがこのタイプで「乾燥性敏感肌」と呼ばれています。 皮膚が乾燥し、細胞間の密度が低くなることで隙間ができ、そこに異物が侵入することでかゆみや湿疹が現れます。 このタイプは水分をキープする機能が低下しているので、保湿をするだけでは乾燥は改善できません。 水分キープ力を活性化させるセラミドやヒアルロン酸などの補給が大切です。

また、アレルギーやアトピー型の敏感肌。 特定のアレルゲンに対してのみ、かゆみや炎症を起こすタイプで敏感肌の中では予防や治療がしやすいのが特徴です。 たとえば何かを食べた時、何かに触った時など、思い当たることがあれば、それらのアレルゲンを避けた生活をおくることで 発症を避けることができるはずです。

そして、敏感脂性肌タイプ。 皮脂が過剰に分泌されることでお肌が炎症を起こし、酸化した皮膚が赤くかぶれたようになるものです。 これはお肌のバリア機能が低下しているためにおこるものなので、いくら皮脂を取り去っても改善されません。

最後にニキビ肌型の敏感肌。 ニキビができるとその要因となる皮脂を取り去ることに必死になる人も多いようですが、 実は洗顔のしすぎは余計にニキビを悪化させます。 過度な洗顔により、本来お肌に必要な皮脂まで取り除かれ、危機を感じたお肌は今まで以上に皮脂を分泌しようとするのです。 それがまた新しいニキビの原因となり、悪循環に陥るというわけです。 できるだけ刺激が少なく、皮脂をコントロールしてくれる洗顔料を使うことで改善できるといわれています。 敏感肌の人はまずは自分の敏感肌のタイプをしることが大切です。 その上で適切なケアをすることで敏感肌と上手につきあっていけるはずです。